エントリーフォーム最適化の方法


パソコンエントリーフォーム最適化をする際の方法としてよく用いられるのが入力情報を少なくすることです。入力情報が多くなってしまうと顧客の候補が商品を購入することをやめてしまうことが多くなります。ですから、出来る限り入力情報を少なくすることが必要になります。たとえば、しばしば用いられるのが、メールアドレスを2回入力することを1回にする方法です。2回もメールアドレスを入力しなくてはならないと思うと顧客の候補はかなりの確率で入力を諦めてしまうことになりますので、最近では1回しかメールアドレスを入力しない方法が採用されるようになってきています。

また、住所などの入力の間違いを防ぐために、自動入力の方法がとられることも多くなっています。郵便番号を入力することによって、住所が自動的に入力されるシステムですので、非常に利便性が高く更には、住所の入力ミスを防ぐこともできますので、お勧めの方法です。

実際にどこの部分で顧客の候補が入力を断念してしまうかをデータ化することを請け負ってくれる会社もありますので、フォームの改善に力を入れることができれば、顧客のアップにつながることになるはずです。エントリーフォームの最適化はそれほど難しいことではありませんので、利益アップのためにやってみるといいでしょう。

推奨サイト・・・efo
efoサービスの特徴や機能について紹介しています。